1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社概要

COMPANY

会社案内

会社概要

PROFILE

代表挨拶

代表取締役社長 磯野栄治

私たちいそのボデーは、個性あるトラックボデーメーカーとして、さまざまな挑戦を続けています。
セキュリティという昨今最も重視される視点で開発した、全く新しい発想のトラックボデー「i-SKIP DOOR」、大手ボデーメーカーには出来ないトラックユーザーのニーズに合わせたカスタマイズ仕様、またユーザーの視点に立ったアフターサービスの提供とお客様の満足を何よりも優先することにより、従来のあり方を抜本的に変革し、飛躍させてきました。
トラックボデーの未来は、大きな可能性に満ちています。その可能性を追求し、新しく生まれる価値を、より多くのトラックユーザーが享受できる世界を創造していきたいと考えます。また、単にトラックボデーの機能を進化させるだけではなく、ステークホルダーの皆様の利益・事業・生活そのものをより豊かなものに変えていくリーディングカンパニーになること、それが私たちの目標です。これからは知識情報化社会の中で革新的なテクノロジーが発達、発展していく時代です。
当社は、このような変化の激しい中において新しい価値ある製品サービスを提供するため、お客様と共に価値を創り上げていく創造型企業として社会に貢献してまいります。

経営理念

弊社は設立以来、トラックボデーの製作と修理をメインに事業を行ってまいりましたが、時代の変化は急速に進み、ボデー業界も転換期を迎えております。時代の変化に適応し、お客様が求めるサービスを提供するため、革新し続けなければなりません。

ボデー業界では、なかなか実現するのが困難であったお客様からの要求を反映させた設計、生産の効率化を同時に実現する製販システムを生み出し、現在お客様に直販体制で提供しております。これにより弊社オリジナルのラインナップを揃えるとともに、高品質、短納期、即時価格の提示が可能となりました。時代の変化を見極め常にチャレンジしていくことが当社の強みであり、そのことがお客様への価値提供につながっております。

こうした取り組みでお客様と価値を生み出すとともに、社会貢献に反映出来るようボデーのリサイクル活動、また自然環境を保護するエコアクション21の活動に全社をあげて取り組んでおります。「創造・情熱・誠実」を当社のバリュー基準として、組織及び個人の能力を最大限に引き出せる環境下の中、トラックボデー・保管BOXに価値ある提案を組み込んだ多機能BOX業界において、リーディングカンパニーを目指します。

会社概要

会社名 株式会社いそのボデー
英語表記 IsonoBody, Inc.
設立 昭和39年 2月
本社所在地 〒990-2226
山形県山形市西越25
東京営業所所在地 〒107-0062
東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル6F
電話番号 023-624-1711
FAX番号 023-632-0681
資本金 3,630万円
売上高 17億円(令和2年1月期)
従業員数 102名
取引銀行 山形銀行
代表者 代表取締役社長 磯野 栄治
役員構成 常務取締役 大坪 武司
常務取締役 森谷 健司
常務取締役 金田 肇
加盟組織 一般社団法人 日本自動車車体工業会 会員
社団法人 TAPAアジア日本支部 会員
社団法人 日本防犯設備協会 会員
サービス指定工場 極東開発工業株式会社
新明和工業株式会社
菱重コールドチェーン株式会社
株式会社矢野特殊自動車
古河ユニック株式会社
昭和飛行機工業株式会社
東邦車輌株式会社
日本トレクス株式会社
日本フルハーフ株式会社
株式会社パブコ
株式会社花見台自動車

組織図

沿革

  • 昭和37年 12月

    山形市南一番町(当時、山形市大字前田字浦田)にて創業

  • 昭和39年 02月

    「株式会社磯野ボデー製作所」を設立

  • 昭和42年 04月

    新潟陸運局より「自動車分解整備工場」認定

  • 昭和42年 10月

    米国ビーライン社製フレーム修正機を設置

  • 昭和48年 11月

    山形市西越(現在地)に新社屋・工場を設置し移転

  • 昭和49年 11月

    新潟運輸局より「特殊整備工場(車体整備作業)」認定

  • 昭和55年 05月

    社名を「株式会社いそのボデー」に変更

  • 平成08年 11月

    貨物車両の箱型荷室用自動開閉扉(商品名:iSkipDoor)の特許出願

  • 平成12年 10月

    「iSkip Ver1.0」生産開始

  • 平成13年 10月

    「東京トラックショー」(東京ビックサイト)に出展

  • 平成14年 04月

    磯野 栄治が代表取締役社長に就任

  • 平成15年 10月

    「東京トラックショー」(東京ビックサイト)に出展

  • 平成15年 12月

    iSkipDoorが山形エクセレントデザインセレクション2003「エクセレントデザイン賞」受賞

  • 平成17年 10月

    「東京トラックショー」(東京ビックサイト)に出展

  • 平成18年 07月

    貨物車両の箱型荷室用自動開閉扉(商品名:iSkipDoor)の特許取得

  • 平成19年 05月

    「iSkip Ver2.0」生産開始

  • 平成19年 10月

    「東京トラックショー」(東京ビックサイト)に出展

  • 平成20年 11月

    東北運輸局より「指定自動車整備工場(民間車検場)」認定

  • 平成21年 01月

    「iSkip Ver2.5」生産開始

  • 平成23年 12月

    「エコアクション21」「山形エコアクション21」認証取得

  • 平成24年 11月

    3D CAD・CAM
    生産管理システム(ダイレクター)
    レーザータレットパンチプレス着
    油圧式コールドリベッター
    テーブルスポット溶接機
    金庫型熱風乾燥炉を導入

  • 平成25年 11月

    創立50週年記念式典開催

  • 平成27年 02月

    掃除大賞2015「経済産業大臣賞」受賞

  • 平成28年 02月

    掃除大賞2016「イノベーション賞」受賞

  • 平成28年 03月

    「i-Safety」開発

  • 平成28年 03月

    「建築・建材展」(東京ビックサイト)に出展

  • 平成28年 07月

    「第3回ライブ&イベント産業展」(幕張メッセ)に出展

  • 平成28年 12月

    「iSkip Ver3.0」生産開始

  • 平成29年 07月

    「移動式多目的ルーム車 FUV」開発

  • 平成30年 05月

    「ジャパントラックショー2018」(パシフィコ横浜)に出展

  • 平成31年 01月

    東京都港区青山に東京事業所を開設

  • 平成31年 02月

    「第6回イベント総合EXPO」(幕張メッセ)に出展

  • 令和2年 02月

    「第3回スポーツビジネス産業展」(幕張メッセ)に出展