従業員の声(製造部門)

>

キャンプ、釣りを愛する硬派なアウトドア野郎。
火起こしからこだわる男の美学、
分かる人にはわかる。
遊び心を忘れない!気持ちはいつも冒険家。

とにかくやってみよう!

かっこいいトラックを作るために常にチャレンジ!

トラックボデー製造部門のマネージャーをしています。平ボデー、ドライパネルバンの組み立て、製造が主な業務です。製造ラインの整流化、生産性向上が課題であり、設計、生産技術と協力して課員一丸となって進めています。生産方式の改革に取り組んでおりようやく軌道に乗ってきた段階にあります。平ボデーは特に様々な仕様があるので難しさを感じています。新しい製造方式にチャレンジすることには高いハードルが多くあります。これまでの固定観念にとらわれず理想の形を常にイメージしています。改善メンバーは若手からベテランまで様々なひとが関わりますが皆が垣根なく意見をぶつけ合う環境作りが私の役割の一つです。不可能と思われてきた工法も今メンバーと知恵を出し合って取り組んでいます。大勢でワイワイがやがや意見を出し合って考えると思わぬ斬新なアイディアが出ます。「とにかくいいことはやってみる!」がモットーです。だめならやり直せばいい。新しい工法をやってみてメンバーからの意見吸い上げると、とてもいい意見がもらえます。ボトルネック工程の社員からも良い評価をもらって私自身、自信が持てるようになっています。

これからのいそのボデーを創っていく思い、

技術の伝承が私のミッション。

いそのボデーに入社したきっかけは何気ないもので、「おもしろい会社の名前だな」と思ったのが最初でした。もともと機械いじりやモノを作ることが好きだったのでトラック製造に足を踏み入れました。いそのボデーは社員全員が改善の意識染み付いていて常に創意工夫の姿勢が見えるところが良いところであり強みだと感じます。若手も良く学び、現場を盛り上げてくれますしベテランも熟練に技術で支えてくれます。そんななかで技術伝承は喫緊の課題と考えています。匠の技を新入社員でも再現できるようにすることが今のわたしの取り組むべき課題です。工場のデジタル化やITを使って新しいいそのボデーの姿に進化させていきます。

ユーザー様へのメッセージ

お客様が「使いやすい」と感じていただくトラックボデーを作ること、その事を第一に心がけています。お客様の声を即製品に反映できるように日々取り組んで参りたいと思います。

By