トラックボデー製造・修理は【株式会社いそのボデー】まで

4トン車は4トン積めない?!トラック最大積載量の計算と増トン車の解説

4トン車は4トン積めない?!トラック最大積載量の計算と増トン車の解説

近年過積載に対する厳罰化や、積載量を多くとれる車両の出現により、過積載による事故は減少しているようです。

しかし、ひとたび起こるとドライバーは勿論、周りの車両・通行人・時には鉄道までも巻き込む大きな事故となります。

基本だけどあいまいになりがちなトラックの【総重量】と【積載量】について定義や計算方法、最大積載量を確保するための具体的なコツを解説します。

車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

車両総重量』は『車両重量』と『乗車する人の重さ』と『積載可能な重さ』の合計のことです。

『積載量』とは、トラックの荷台に『積載可能なMAXの重さ』のことです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

車両総重量とは?

『車両重量』+『乗車定員×55kg』+『最大積載量』=車両総重量

まず『車両重量』というのがトラック本体の重さのこと。キャブとシャシの重さ、架装物の重さが含まれます。必然的に冷蔵・冷凍機、テールゲート昇降装置、クレーンが付いているとその分車両重量は重たくなります。

乗車定員1人あたりの体重が55kgという点に関しては、公式のデータは見つかりませんでしたが、道路運送車両法の出来た当時においては、それが現実的な数字だったという説が当てはまりそうです。

最大積載量とは?

『車両総重量』―『車両重量』―『乗車定員×55kg』=最大積載量

先ほどの計算式を入れ替えて上記の計算になります。

簡潔に言うと、積み荷をMAXで積みたい場合、どのくらいの重さまで積めるのかということですね。

実際は運ぶものにより形状が異なるので、重ねられるものは重ねて、いかに無駄なく積むか。そして荷物を取り出す順番を考えながら、積み込むスキルがドライバーには求められそうですね。極限まで積んだ荷物を、働き方改革により更にシビアな時間で運ばなければいけない…ドライバーの皆さんには本当に頭が下がりますm(_ _)m

※トラック協会によるより詳しい説明はこちら

増トンすると最大積載量が本当に増える?

トラックの荷台の後ろ側に最大積載量の表示が義務付けられていますが、トラックによって最大積載量は様々です。
一般的に「4トン車」と言われるトラックでも最大積載量が2,000kg台の車両もあります。
これはクレーンやテールゲート昇降装置などの装備品による重量増などが関係しているだけでなくベースとなるシャシの仕様から計算されるものだからです。
そこで次は、『最大積載量を増やすコツ』について具体例を交えて解説していきます。

「○トン車」って何を表しているの?呼び方と車両総重量、最大積載量の関係

2トン車、4トン車と一般的に呼ばれるトラックは最大積載量の目安として呼ばれています。

4トン車の車両総重量は8トン未満で殆どの場合最大積載量は4トンに満たないことが多いようです。そこで4トン車を「増トン」することで車両総重量を増やし最大積載量を増やす方法が取られることがあります。

増トンすると車両総重量を11トン未満、14.5トン未満、16トン未満、20トン未満に増やすために強化することで結果的に最大積載量を増やすことができます。

ただし、増トンしたからといって必ずしも最大積載量を増やせるわけでは有りません。先程述べたようにシャシの仕様やメーカー、装備品の有無によって最大積載量が計算されるからです。

積載量を増やすコツ~部品による軽量化~

積載量を増やすコツがあります。

それはトラックを構成する材料のうち、強度に支障のないものを軽量化することです。

輸送車両は日々進歩しており、時代ごとに見直される法律に基づいて安全面の向上はもちろん、使用者の運転しやすさ、乗り心地など改善が続いております。

それに伴い、従来よりも強度は上がりながらも軽量化している材料もあるのです!詳しく見てみましょう。

例えば、こんな材料を変えることで軽量化できる

トラックは、シャシの上にボデー(荷台)をのせる際、縦根太(たてネタ)、横根太(よこネタ)という骨組みを作り、荷台をのせるための土台を作っています。その根太の材質をスチールからアルミに変えることで中型車、大型車は軽量化し、積載量をより多くとることができます。

特に大型車の場合は300kg~400kg程度の軽量化につながることもあるようです。※価格は材質を変える分、高くなります。

また増トン車は強度が落ちるため、根太による軽量化は難しいそうです。

 

平ボデー・バンボデーの製造架装は株式会社いそのボデーまで!

当社では、軽量な装備品や保守部品をお客様のご要望に合わせた最適なものをご用意しています。

ご希望の積載量に合わせたトラックボデーのご提案もおまかせください。

50年以上にわたってトラックの製造・修理・メンテナンスを手がけてきた実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。

ドライバーのお役立ちカテゴリの最新記事